診療案内

「世代ごと」にみる整形外科の疾患

ごあいさつ

院長 戸堂 慎一

健康とは、
「気持ちよく動いて生きる」こと。

こんにちは。とどう整形外科クリニックの院長の戸堂慎一です。
皆様は整形外科について、どのようなイメージをお持ちですか?

当院ではお子さまからご高齢の方まで、あらゆる年齢層に対して、患者様の気持ちを優先する治療をしていきたいと思っています。治療方法とは、必ずしも一つだけとは限りません。そのため、患者様がどのような治療を希望されているかをできるだけ伺います。
そして、患者様の気持ちと症状を総合的に判断して、可能な範囲で治療の選択肢を提示させていただきます。

生まれ育った高石の地で、親子3代でかかかれるクリニックを目指しています。
もし、お体に不調がございましたら、一度ご来院ください。

院長挨拶へ

痛みの場所から探す

  • 首
  • 肩
  • むね
  • 背中
  • 肘
  • 手
  • 腰
  • 股関節
  • 膝
  • 足・足首

整形外科では、医学的根拠に基づいた診察をしていて、整骨院などでよくならなかった痛みを治療することができます。
当院では、医師による診断を行い、必要であれば、物理療法を中心としたリハビリテーションを行います。

痛みの場所から探す

疾患から探す

骨折・捻挫・キリ傷
骨折・捻挫・キリ傷

小さなスリ傷や縫合が必要な切り傷、やけどや捻挫、打撲、骨折まですべて整形外科が専門とする領域です。

変形性脊椎症
変形性脊椎症

脊椎の変形により、腰や背中に痛みが生じます。ひどい場合は歩くことも困難になります。

変形性膝関節症
変形性膝関節症

膝が痛くなり、O脚に変形します。
膝に水が溜まった状態になることもあります。

骨粗鬆症
骨粗鬆症

女性では閉経を境に増加し、60歳代では35%、80歳代では60%以上が骨粗鬆症と言われています。

肩関節周囲炎(五十肩)
肩関節周囲炎(五十肩)

肩のまわりに痛みが出て、腕を上げることが困難になります。

変形性股関節症
変形性股関節症

股関節の軟骨が擦り減ってしまい、痛みを感じるようになります。変形がひどい場合は手術をすることもあります。

腰椎椎間板ヘルニア
腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は背骨をつなぐクッションの役割をしており、椎間板ヘルニアではその一部が出てきて神経を圧迫し症状が出ます。

バネ指
バネ指

指の腱鞘炎がひどくなると、指を曲げた時に引っかかりが出るようになります。

足底筋膜炎
足底筋膜炎

足の裏に痛みを感じるようになります。
X線で骨のトゲが出ていることもあります。

お知らせ

2017.10.15
インフルエンザ予防接種を始めました
2017.03.24
ホームページをリニューアルしました
一覧を見る

よくある質問

一覧を見る